機能性セラミックスで
  未来を切り拓く

機能性セラミックス化学研究室

大倉 利典 教授
専門分野: 機能性無機材料 セラミックス ガラス
吉田 直哉 准教授
専門分野: 表面科学 機能性材料

研究室の概要

主に無機材料(セラミックス・ガラス)を用いて、超イオン伝導・廃棄物固化・環境浄化・濡れ性制御などの機能を付与した、新しい機能性材料の創製を目指して研究を行っています。 リン酸異常現象などのガラスの構造と物性に関わる現象、固体表面での液体の濡れ挙動と原理解明などのベーシックサイエンスにも力を入れています。

研究テーマ

「超イオン伝導性ガラスセラミックスの開発」

全固体電池・燃料電池などに利用可能な固体電解質としての機能をもつガラスセラミックスの開発を行っています。右の図は超イオン電導性ガラスセラミックスの結晶構造図です。 様々な原子サイトがありますが、それらのサイトに適切な元素を配置することで、イオン電導性等の物性をコントロールすることができます

超イオン伝導性ガラスセラミックスの結晶構造

「(放射性)廃棄物固化ガラスの開発」

環境汚染の原因となる放射性廃棄物や重金属などの有害物質を長期間安定に保管するためのガラス固化技術を開発しています。

作製した廃棄物ガラス固化体の例

「リン酸カルシウム系新規光触媒材料の開発」

吸着性などに特徴のある新規な環境浄化触媒の開発を行い、空気清浄機や窓ガラスなどに向けた各種コーティング材料への応用を目指しています。

模擬汚れ(メチレンブルー)の分解の様子

「濡れ性の制御と汚れ付着性制御因子の解明」

特に動的な濡れ性の原理解明を行っています。これによって、汚れなどが付きにくく、付いても除去しやすい表面を作製することができると期待できます。

研究支援・社会貢献活動

無機材料や表面改質に関する技術相談・講習会など

研究設備

高速昇温電気炉、ディップ・スピンコーター、真空蒸着装置、電導度測定装置、SEM、AFM、静的・動的接触角計、紫外可視分光光度計、蛍光分光光度計、FT-IR、分光エリプソメーター、熱分析装置(TG-DTA, TG-MS, DSC)、XRDなど

研究シーズ

研究室|設備紹介